日本国内の看護師の年収

日本国内の看護師の年収は平均437万円くらいです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院に従事する看護師は、公務員として勤務しているため、平均年収は593万円ほどになります。
公務員看護師は給与上昇率も民間病院と比較すると高く、福利厚生も整っています。
準看護師を例にとると、看護師よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。働いている病院の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が高い割合で離職していく訳の一部かも知れないでしょう。
看護師の勤め先といえば、病院だと思うのがオーソドックスでしょう。
ですが、看護師の資格をいかせる職場は、病院以外にも多々あります。保健所で保健師の方と連携して、地域住民の健康上の多様な手助けをするのも看護師の職務です。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行ないます。日本にいる看護師の年収は平均して437万円くらいです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤務する看護師は、公務員として働いているため、年収は平均593万円くらいになります。
公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間の病院より高く、福利厚生も手厚くなっています。
准看護師として働いている場合は、看護師よりも平均年収が70万円程度低いです。
日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院ではたらく看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。ツアー旅行や修学旅行等に同行し、病院の手配や怪我病気の応急処置を行う看護師もいます。結婚してお子様のいられる方は土曜日曜の休日があったり、夜勤のない職場を望んでいるものです。
病院以外のところで勤務するには、その場面に最適な専門知識を習っている認定看護師や専門看護師の資格があることにより、雇用がされやすくなります。
看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度催されます。
看護師不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を保っています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超過できたら合格を勝ち取ることのできる試験です。
看護士の募集はいくらでもありますが、願望通りの求人がナカナカ無い状況です。
看護資格をお持ちの方で就職さえできたらそれでいいやと思われる方は少ないでしょう。
できるだけ給料が高めで職場の環境が良く、夜勤がないというところで働きたいと思われる方が多いものです。願望に合ったところに転職するには、情報の収集を行うことが重要になります。