妊娠をきっかけに

妊娠をきっかけに産婦人科等で行なわれる栄養指導をうける方や、母親学級で指導された方も多いと思います。
実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いんですよね。葉酸をふくむ食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。
もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は加熱によって失われやすいというリスクを理解し、十分な葉酸摂取を心がけて下さい。
葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素です。
ですが、体調が悪い時には、ご飯で葉酸を補給するのも難しい、なんてこともあると思います。
そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。
葉酸はサプリ等の栄養補助食品を利用することで葉酸をしっかりと補給できますので、積極的に利用するとよいでしょう。
ビタミンB群のひとつである葉酸は、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれているのです。
葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。
また、流産といった危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。友達と話していたら、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。
一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。
葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと以前教えてもらったことがあったので、妊活中の彼女に勧めておきました。妊活をがんばっている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、元気な赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)が生まれるといいなと思っているんです。胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大事な葉酸ですが、普段のご飯だけでは不十分になりがちです。
ですから妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのがよいでしょう。せっかく補給した葉酸に効率よく働いて貰うためには、食後の30分以上のうちに摂取するのが良いと言えます。
何となくと言うとご飯で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の効率的なはたらきを促すことが出来ます。
逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。いまは待望の赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)を妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。疑い始めたのは結婚3周年を迎える前でした。
タイミングを見計らって努力しても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、ユウジン知人が妊娠したという話を聴くたびに、焦ったり悲しかったりでした。病院で検査をうけているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤の処方をうけると、基礎体温(体の温度のことですね)表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)を授かることができました。ストレスも原因だったのかなと思います。早めに受診するべきでしたね。
葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してからご自身の体や赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)のために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないかと思います。
では、赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)を無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。葉酸は母子の体にイロイロな効果が認められていますが、赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)のためだけに摂取をしているという場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといったはたらきをしています。ですから出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで母体の健康を保つサポートをしてくれるというりゆうですね。
ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでおなかの中の赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)の先天的な神経管障害が発症しにくくなることが科学的な研究によって、明らかになっています。
こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が勧告しているのです。
例えば葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品の認定をうけているものもあり、妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。